社会教育関係の施設で,チャレランはすぐに楽しめ盛り上がる,子ども向けの定番活動になります!

茨城県県南生涯学習センター様(平成24年4月~平成25年2月 「エンジョイホリデー」)の事例をご紹介します。

minisdbk20120731keitai 720192195minisdbk20120731keitai 727

http://www.kennan.gakusyu.ibk.ed.jp/

以前からチャレランを導入し,センターのボランティアの方でチャレランを行っていましたが,平成23年度の「エンジョイサタデー」事業から,チャレラン連盟事務局にご依頼をいただきました。

平成23年度は野外施設で4回の実施でしたが,平成24年度は毎月の「エンジョイホリデー」事業としてお話をいただきました。

茨城県県南生涯学習センターは,茨城県土浦市駅前の商業ビルの上階にあり,来館者が毎回違います。参加する人数も変わってきます。

minisdbk20120731keitai 717069

「エンジョイホリデー」では,チャレラン以外に,おもちゃ病院や折り紙コーナー,お話の時間などがあり,幅広い年齢層の子どもたちに対応しています。

チャレランは午後から1時間半程度で行ってきましたが,会場の広さに限りがあるので,種目の構成はその点を配慮しました。

スタッフは,県内のチャレラン指導員のほか,地域の学校の先生とセンターボランティアの学生にも手伝っていただきました。

20121202 027minisdbk20120731keitai 726212

平成24年度は9回開催しましたが,近くに住む小学生の女の子は毎月参加してくれるようになり,自分の得意な種目で毎回記録を塗り替えて,チャンピオンの座を守り抜いていました。

ほかの子でも,チラシを見てチャレランを楽しにしてくれる子も少なくなく,連続して開催したことで,子どもたちにとって定番の活動になりました。

 

○タイムテーブルの例

13:30 お話タイムに引き続き,チャレラン1分間じゃんけんでオープニング

13:40 種目コーナー挑戦開始

豆つまみ皿うつし・カップタワー・ペーパーチャレラン・洗面器お手玉投げ・足踏み日本一

14:45 表彰式 エンディング

 

経費を抑えるため,スコアカードや表彰状などは,生涯学習センターでご用意いただきました。

 

チャレラン大会についてのご相談はこちらから